戦略系コンサルタントの仕事内容って知ってる??

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回のサシモニのお相手は某大手戦略系コンサル会社にお勤めの奥田さん。とあるコミュニティで知り合い仲良くさせてもらっています。戦略系のコンサル会社って一体何をやっているのか。大前研一さんやDeNAの南波さん等が所属されていたマッキンゼー等の有名な会社があることは知っていますが、仕事の実態はあまり分からない。ということで、奥田さんに戦略コンサルの仕事。また、今後の奥田さんのビジョンについて伺いました!!コンサルタント業に興味がある方。知らない世界を知りたい方にはメチャメチャおすすめです!!

f:id:sashimoni:20131126081317j:plain

王道的な集客もやる

戦略系のコンサルタントってどうやって集客等をしているのでしょうか。コンサルを依頼すると数千万円のフィーを支払うこともある世界の業態。新たな会社を見つけることってなかなか大変そうです。「セミナーで集客することも結構ありますよ。1回につき1人3万円の参加料で150人くらい集まることもあります。その中の数社がクライアントになることもありますね。」おぉ。なんと地道な活動の気もしますが、効率は非常に良いですよね。1人3万円で150人集めることができる人になってみたいものです。

仕事はどう進むの?

コンサルティングの期間は当初の契約で3ヶ月間くらいから始まります。3ヶ月で少ないもので1,000万円くらいのフィー。大きな案件になると8,000万円くらいになりますかね。」なるほど。一般的な中小企業ではとても支払えなさそうな金額です。果たしてどのくらいの人員が動くのでしょうか。「マネージャーが月の半分、フルコミットする人員が2人の2.5人がミニマムです」3ヶ月と考えると7.5人ってことですね。年収1,000万円以上の人が多いコンサル業界ですが、人がガッツリ張り付くことを考慮すると納得もいきます。7.5人で1人当たりの月収100万円と仮定すると合計の人件費だけで750万円。これに間接費が諸々かかりますから、まぁ1,000万円くらいの案件になるのは理解できます。

コンサルタントがやることは

「今ある問題をとにかく解決していく。最初の1ヶ月で大方問題点が見えます。あらゆる役職級の人にインタビューを行って、半月ちょっとで全貌が見えて、残りの1ヶ月で方策を提案します。」会社は人なり。という有名な言葉がありますが、問題点を洗い出しする上では聞きまくることが大事なんですね。外部の人が入ることで、社内の人間では見えなかった問題点が多く見つかることもあるでしょう。それなりの実力がないと出来ない仕事ですが、ニーズは間違いなくどのような事業規模の会社でもありますよね。

f:id:sashimoni:20131126081317j:plain

問題点を洗い出す。

問題点を洗い出す点について、もう少し深く聞いてみました。すると面白い回答が。「一つの問題に対して、いくつもの問題が紐付いていることを見出してあげることが大事なんですよ。」確かに、問題って表面化して見えているものってだけであって、原因は全然別の部分にあることがありますよね。耳が痛い良い言葉です。また、当初3ヶ月間の契約も深堀りして幅広い問題点や改善点を提示し、実行していく中で、さらに継続的な付き合いになることも多いそうです。

コンサルタントの魅力って!?

「1番楽しいのは会社が成長してるのが分かること。雰囲気が変わったり、浮き彫りにした問題に皆が取り組んでくれるから。」組織が変わっていくことに自分の力が関与しているって、聞いているだけでも嬉しく感じる物事だと思います。人って結局は自分のためよりも、誰かのために仕事をしたい生き物なんですよね。人間らしい部分ではないでしょうか。ただし、その中でも色々とあるようで「最終の決断が自分で出来ないのが歯がゆい。決断を促せないのは自分自身の表現力が乏しいのが原因では。と考えることもあります。」なるほど。確かにコンサルタントはあくまでアドバイザーでしかないから、最終決定権者ではありませんからね。

f:id:sashimoni:20131126080018j:plain

今後のビジョン

「将来的には個人にコミットするコンサルタントになりたい」「経済的な自由ができれば、会社に言いたいことも言えるようになり業務効率が改善される」なるほどって感じです。会社員という立場でも個人が自由な立場であるほど、会社の目を気にせずに会社のコトを思って発言等できるわけです。金銭的自由があれば「これ言ったらヤバイかなぁ」とか気にならなくなりますもんね。無駄な人間関係に付随するコストがなくなるということ。素晴らしい世界だと思います!

でも、どうしてコンサル??

コンサルタントってそんなに魅力的なんでしょうか。仮に独立しても個人にコンサルタントとして接したい。その想いの源泉はどこにあるのでしょうか。「コンサルをやろうと思う源泉は、誰でも今すぐやれるものに対することだから。実行すれば企業が変わったり、人が変わったり、人生が変わることに関わるのが面白いんです。」なるほど!確かに僕も同じように思うことがあります。自分が関わって、相手が少しでもより良い人生を進むキッカケになれることって嬉しいんですよね。それは相手が個人でも法人でも変わりません。コンサルタントの魅力について、ちょっぴり分かった気がしたサシモニでした。

f:id:sashimoni:20131126081601j:plain

将来の楽しみを語ろう

奥田さんは将来やりたいことの話をしているときに、とっても楽しそうな表情で語っていました。前回のしょう子ちゃんもそうですが、将来の楽しみを語るときってみんな良い表情になるんです。その表情は相手をも幸せにすると思います。少なくとも僕はそのように感じる。もちろん、それが未だ見つからない人だっているでしょう。(僕もずっと将来やりたいことが分からなかったし、時々心からやりたいことが発生することはあっても長く考えられるものは、ようやく最近見えてきた。それも変わるかもだけど 笑)自分に今将来やりたいことがないのであれば、人の話を聞いてみてはどうでしょうか。将来を楽しみに語る人を見ていたら、きっと触発されるものがあるはず!!みんなサシモニで良い顔になってしまえば良いんだ!!

今日のサシモニ会場

店名:仏蘭西

住所:東京都中央区銀座位3-7-16ーB1F

URL:http://tabelog.com/tokyo/A1301/A130101/13059121/

感想:名前が仏蘭西屋だけにお洒落な感じのお店。流石銀座の喫茶店です。とはいえ、モーニングは決してお高すぎることもなく、心地良さといいオススメのお店です!

f:id:sashimoni:20131126080005j:plain

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加