人材派遣業の収益モデルってそうなってんだ!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サシモニ一人目は昨年ボラフェスという僕が主催したイベントを手伝ってくれた渡辺信幸さん。通称なべ!簡単に彼の職歴を紹介すると、箱根の某老舗ホテル→某大手自動車会社での営業→某大手家具メーカーでの営業→現職。28歳で渡り鳥のようにジョブホッパーをしている彼ですが、どうして転職を続けたか?現在人材派遣業界という全く違う分野でどのように仕事をしているか?なべってどんな人?といった部分を中心に聞いたサシモニです。転職させたくないマネジメント層から、人材派遣業って一体なに??なべってどんな人?と思う方等は興味を持って楽しめるかもしれません!!
どうして転職を繰り返したのか?

転職が簡単な世の中とはいっても、28歳で5つ目の職場と聞くと一般的な人より多い気がします。現在採用に携わっている自分としても、なんとなく「この人、入社してもすぐに転職するのではないか??」と考えてしまう気もします。もちろん本人もそんなことは分かっているはず。では、どうして転職を繰り返したか。その理由は単純明快でした。

「次に新たな挑戦をしようと考え、転職も増えた。」

明快な言葉。転職を繰り返えすことはネガティブに捉えられるかもしれないが、本人が成長するために、もがき苦しむ中で選んだ選択。個人的にはこのスタンスは好き。僕自身も訳の分からないキャリアを継続中なので非常によく分かる。ただ、自分自身の学びとして感じたことが「会社が彼に新たなチャレンジの場を提供しなかった」ことも一つの原因ではないだろうか。

f:id:sashimoni:20131118081725j:plain
人間誰だって同じ仕事をしていると飽きる。もちろん、出来るようになった仕事をドンドン深堀りしていくことは非常に大事。ただ、人によって向き不向きがあり、突き詰めるタイプと、幅を持って組み合わせで突き詰めるタイプがあると思う。ちなみに僕は後者です。相手に合わせて「一緒にどんな仕事をやっていくか」「次はどんなチャレンジをしていくか」相手の立場になって組織として考えることが、離職率の低下に繋がるのかもしれません。

人材派遣業って何やってるの?

さて、そんな職歴のなべですが現在はエンジニアの派遣業をやっています。「新しい刺激を受けている。」「周りが優秀な人達ばかりで、話しているだけで考え方等参考になることが多い。」と語る彼に人材派遣業の裏を少し教えてもらいました。

3ヶ月間かかるプロジェクトに人手が足りないとします。忙しくなるのは短期間なので、正規採用するのは難しい。このような時に人材派遣業の会社に依頼をかけると、3ヶ月間だけ働いてくれる人を紹介してくれます。ざっというと人材派遣業ってこんな仕組み。んで、裏の話とは「お金の流れ」の話です。

人材を募集している会社を、なべ会社としましょう。なべ会社は人材派遣会社のA社に依頼します。※金額は全て架空の設定です。「3ヶ月間のプロジェクトなんだけど、エンジニア誰かいないかな??毎月100万円出すからさ!」ここでA社に登録しているエンジニアの中でマッチする人がいれば、なべ会社から支払われる100万円のうち、エンジニアのひしき君に90万円。A社が10万円を受け取ります。これは上手くいっているケース。ところが業界全般の実態はこんな話ばかりではないそうです。。。

なべ会社はA社に依頼しました。しかし、A社には適正な人材がいません。さぁ困った、困った。では、どうすれば良いか。A社は同業のB社にお願いします。「B社さん、なべ会社からエンジニアの依頼が来ているんだけど誰かいない??」B社は自社に登録しているエンジニアに当たりました。。。。が、B社に適材な人材がいなかった。次にB社は「C社さん、なべ会社からエンジニアの依頼がきているんだけど」とC社に話が入り、C社になべ会社の条件とマッチするひしき君というエンジニアがいて、採用が決まったとします。さぁ、ここでお金の流れはどうなるか。

f:id:sashimoni:20131118080218j:plain

上手くいっているケースだと、「なべ会社(100万円)→A社(10万円)ひしき君(90万円)」間に立つのがA社だけなので、非常に分かりやすいお金の流れです。次にC社まで絡んでしまった場合はというと。。。

「なべ会社(100万円)→A社(10万円)→B社(10万円)→C社(10万円)ひしき君(70万円)」。。。。いくつもの会社が入ることで、エンジニアのひしき君の給料が下がってしまうわけです。全ての人材派遣会社が上記のような形態を取っているわけではないらしいですが、自分が派遣される立場だとしたら、どのような流れで来ている仕事なのか、必ず確認すべき話なのかもしれません。間に入る会社が多くて自分の給料が下がるのは、なんか納得いかないですよね。

仕事楽しい??

人材派遣業の実態について教えてくれたなべに、現在の仕事の状況等を聞きました。「代表含めコンサル出身だからこそ、学びがあり面白い環境ですよ」周りの環境で自分がどれだけ成長できるかって大きなファクターなので、優秀な人と一緒に仕事をすることは素晴らしいですよね。「なべは何やってるんだっけ?」「フリーのエンジニアを募集してマッチングしてます。」エンジニアのマッチング。先程の流れを聞いた後だと興味がそそられます。「なべの会社の強みって何なの?」「うちの会社の強みは直案件が強い点です。他社を経由した案件ではなく、直なのでエンジニアの人としても良い話だと思います。」確かに先程の業界の裏事情を聞くと、採用される側の給与も高い状態なので、とても良いですね。

どんな人??

なぜ人材派遣業に転職したのか。話を聞くと彼の人となりが出ます。「僕は人を見るし、話を聞くのが好きなんです。だから人に関わる仕事がしたいんですよね」「相手ベースで考えるし、サポートしていきたい気質なんです 笑」僕が彼と一緒に何かをやったり遊んだりしていても感じるポイント。彼から「僕ってどんな人に見えますか?」と質問されて出た答えは「良い意味で無色透明」意見が強い人や我が強そうな人って、なかなか相談しにくい相手の場合もある。彼はそういった色付けがあまりない分、相談等がしやすいパーソナリティがあるのではないでしょうか。彼独自の面白いエピソードがあります。

「新卒の子に「一緒にがんばりましょうね」って言われるんですよ。」他にも「新卒の子が入社して一週間で「ノブさんのこと信用してませんよ」って言われたんです」あり得ないですよね。ただ、それに対して彼らしいのが「よく言ったなと褒めたんですよ。自分は5年目だったけど、それだけ壁がないと認識されているのは嬉しかったですね」と言える彼は、とっても変わっているし彼らしさなんだと思います。
f:id:sashimoni:20131118081726j:plain
ということで、エンジニアの方でお仕事探している方は下記リンク先の彼の会社のサイトに問合せてみてはいかがでしょうか??きっと何でも話聞いてくれると思います(*´∀`)

フリーエンジニア向け案件をご案内|フリーエンジニア.jp

一発目から長くなってしまいましたが、こんな感じでサシモニの様子をお伝えしていきます!

【サシモニ場所】

目黒駅近くのイトウヤさん。
良い雰囲気の喫茶店でかなりオススメです!

http://tabelog.com/tokyo/A1316/A131601/13007461/

f:id:sashimoni:20131118074957j:plain

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加