今ここを笑顔で過ごす。笑顔を守る笑顔メッセンジャーが語る子供たちの明るい未来を作り出す

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回のサシモニのお相手はつい最近お子さんが産まれたばかりのアッキーナこと中原明奈さん。僕が知っている人達の中でもダントツに素敵な笑顔をしている女性。笑顔が魅力的な人って素敵ですよね。保母さんとして9年間働き、現在はフリーランスでMCや司会をする中、新たな協会を立ち上げたり等々。様々な活躍を見せている彼女。人一倍笑顔が魅力的な女性が目指す世界。その理由は小さなお子さんがいる方や、これから子どもできるであろう人達全てにぜひご一読いただきたいです!!   IMG_0605

  笑顔で過ごす人を増やす

--久しぶりにアッキーナと会ったのですが、最近はどんなことをやっているのでしょうか。

人の応援をしにいくことが多いね。フリーランスでMCやったり、司会者やったりしているよ。昨年の5月5日に日本こども教育協会の立ち上げもしたね。

--日本こども教育協会。なんだか堅い感じのイメージのする協会名ですが、どのような目的のために設立したのでしょうか。

笑顔で過ごす大人と子どもを増やすことが目標です!

--なるほど。非常に分かりやすい(笑)笑顔が素敵な人がやるからこそ良いですね。なぜ、そのようなことをやろうと思い至ったのでしょうか。

幼少期の経験が大人になると凄く影響するんだよね。3歳までに愛情を受けなかった子どもが大人になると、何かしらの問題を抱えることもある。例えば、犯罪が起きたときに一番取り上げられるのは環境だったりするよね。家庭環境や学校環境。環境的な問題を解消することをやっていきたいんだ。

--確かに3歳児までに受けた愛情の量が、その後の人生でも左右するとか聞いたこともあります。でも、どういったことを伝えるのが大事なんでしょ。

階段方式で人生を上がっていくのではなく、川の流れのように生きていくことで大丈夫ということを伝えたいんだよね。ただ自然に流れていくように川を下っていけば良いって。

--まさに美空ひばりの世界ですね。川の流れのように~~~と。

イライラしがちだったりするのも家庭環境が起因とすることが多いんだよね。男性は未来に生きる傾向が多いけど、女性は過去を振り返る傾向が多い。だから、大人になって問題を抱えることなく、今ここを笑顔で過ごすことを教育機関に伝えていきたいなと思ってる。

-確かに女性って過去のことよく覚えていますよね、、、覚えていなくて良いこともたくさん(笑)男女の違いって面白いなぁ。

IMG_0606

保母さんだったから

--先程聞いたような問題は確かに聞いたことがあるのですが、どうして協会を立ち上げてまでやりたいと考えるようになったのでしょうか。

保母さんをやってきて保育者同士のいじめとか、教育者同士のいじめの現場を見てきたんだよね。大人の行動は子どもに伝染する。そういった環境で良い子どもが育つのは難しいよね。結局は親の癖が子どもに移るしさ。

--そうなんだ。確かに、子どもと接する場には適した環境とは言い難いですね。それにしても親の癖が子どもに移るか。まだ子どもも結婚相手もいないけど、これは気をつけなきゃいけないな。

私自身、保母さん時代に適応障害みたいになったことがあるんだ。うつ病の一歩手前かな。自分の気持ちが言えなくなったりしてね。その原因を深掘っていくと自分自身の幼少期の経験が起因していることに気付いたこともあるんだ。

--えぇぇぇ!意外すぎる。アッキーナみたいに普段から笑顔振りまいている人でも色々あるんだなぁ。だから幼少期にフォーカスしたのもあるのかな。でも、長いこと保母さんやっていたんですね。

保母さんは9年間やっていたけど、病気でもなんでも皆勤でやっていたよ。頑張れたのは子どもの笑顔に支えられていたからなんだよね。だからこそ子どもの笑顔を守っていくことをしたいんだ。

--子どもの笑顔を守るか。こうやって考える大人がいるからこそ、救われる子どもたちがいるんでしょうね。そういう想いを持って保母さんになったんですか?

幼稚園バスに乗りたくて保母さんになったんだよね。幼稚園バスから降りてくる子どもに「おはようございます。」って言いたかった。ただそれだけ。実際に夢がかなった瞬間は緊張して仕方なかったな。

--なるほど。そんなキッカケだったんだ。でも、どうして保母さんを辞めたんでしょうか。

楽しいときはやりたかったことだと味わえるよね。でも、慣れが生じてくると楽しさが湧いてこなくなる。そういう感情が少し出てきて自分の使命が終わったと感じたんだ。それで退職することにしたよ。

--楽しさが湧いてこなくなるか。それでも続けてやっている人は多い中、自分の気持ちに正直に向き合って進められるって素敵ですね。

IMG_0602

声が大きすぎる

--現在は保母さんを辞めて他にも仕事をしているそうですが、協会以外ではどんなことをやっているのでしょうか。

月1でMCをやっているよ。タイムマネジメントとか全体進行や雰囲気作りをしたりね。あとはセミナー講師もやっているよ。

--ん?セミナー講師。一体何を教えているんでしょうか。

習慣についての話がメインで心理学の話を交えながら、人とのコミュニケーションの習慣や、どの言葉を選ぶかといったことに対する気付きを得られる内容かな。

--なるほど。習慣か。人生を変えるには習慣を変えるしかないって話も聞くし、メチャメチャ大事なことですよね。

自分のコミュニケーションには癖があるから、心理学のコミュニケーション理論を通じて、先ずは自分の癖に気付くことが大事だね。自分が変わらないと他人は変わらない。自分の心のなかにあるものを手放さいないといけないことも多いよ。

--なるほど。コミュニケーションの癖か。確かにありそうだな。どんな人がセミナー受けているんですか。

40代50代の人が多いかな。今まで頑張ってきちゃっている人。頑張らずに自分の我慢するスタイルから脱することが出来ると良いよね。保険会社の代理店の研修会とか、保育園で保護者と保母さん向けにも話をしているかな。誰かが集めてくれたセミナー等で話をしているよ。

--結構色んな人が対象になっているんですね。セミナーをやる楽しみってありますか。

大事なことはシンプルだということを伝えられることかな。話をさせてもらっている感覚でいるし、自分の体験を踏まえて話をできることは有り難いね。いずれは教育機関で話をしていきたいよ。

--そうか。確かに自分の話が誰かの役に立つって嬉しいことですよね。それにしても元気に話をしていそうですよね。

声が大きいからマイクいらずだよ。選挙のウグイス嬢をしていたときも「マイクを離して」と言われちゃってね。5分、10分で他の子と代わりながらやるんだけど、私の番になるとマイクの音量を下げられてた(笑)

--確かに声でかいもんな。ボラフェスで売り子やってくれた時も半端ない元気さでやってくれていたことが懐かしいです。

IMG_0604

ココスマ

--アッキーナって元気の源って感じで、とにかく元気で素敵な笑顔な子ってイメージあるのですが、一番元気になれる場所ってどういうところなんでしょうか。

子どもの前だと100倍元気でるね。元気だけでなく自信もでるよ。保母さんは辞めたけど子どもの前で人形劇をやるボランティアは10年続けているよ。

--10年継続してボランティアって凄いな。ホント子ども好きなんですね。

直に子どもの笑顔を見ることができると、自分の笑顔を分けている気がして幸せを感じるんだよね。人の笑顔は無限の力だと思うんだ。自分が心から笑顔を与えられる人になりたい。それが子どもの笑顔を守る活動に繋がるから。

--笑顔に関する想いが突き抜けているな。こんだけ笑顔笑顔言う人なかなかいないですわ。

笑顔でいると良いことしかないじゃん。今ここを笑顔で過ごす。ココスマ習慣を伝えていきたいんだ。

--ココスマか。ココでスマイルってことね。笑顔で過ごすだけで幸せな気持ちになれることってたくさんありますもんね。アッキーナ素敵です!!

IMG_0609

僕はこう思った

笑顔でいること。笑顔でいることが幸せなことであろうことは、誰も否定しないことでしょう。そして笑顔でいることで誰かを幸せにすることも疑いようのない事実だと思います。ただ、その想いをここまで真摯に貫ける人がどれだけいるかというと、また別の話かなとも思います。アッキーナの子供にも大人にも分け隔てなく与える笑顔は、多くの人を幸せにしているのではないでしょうか。僕自身はそこまで常に笑顔でいることを無意識にできてはいないなと思います。笑顔でいること。今ここで笑顔でいるだけで、一人でも目の前の人を幸せにできるのであれば、意識してでも笑顔をするようにして、いつかは無意識に笑顔が絶えない人になりたいものですね。ココスマ活動。ぜひみんなでやってみましょうよ。今後のアッキーナが広めていく笑顔がどれだけより良い世界を作っていくのか、とってもとっても楽しみです!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加